スポンサードリンク
   


チークの塗り方で美しい人に変身できる!


チーク塗り方でいつも悩んでしまうのは、私だけではなさそうです。
アイメイクやファンデーションなどは
雑誌でもメイクの仕方がアドバイスされていますが
チーク塗り方のアドバイスとなると そう多くはありません。
チークは顔の部分の多くを占める頬のメイクであるのも関わらず、
何歳になってもどんな季節でも、同じチークの塗り方をしている女性が多いようです。
チーク塗り方で顔のイメージが大きく変わるので、
ノウハウをしっかりと学んでおきたいメイクですね。

POLA スキンケア D(ディー)トライアルセット

チークの塗り方で顔の印象も変わるので、愛らしいキュートなメイクにするか、
大人の女性らしい色っぽいメイクにするか、などは
チークの塗り方やチークの色などで変化をつけることができます。
ほとんどの女性がファッションも口紅の色も
その日のイメージにあわせてかえるのに、チークだけはいつも同じ、
というのでは上手にイメージチェンジはできません。

この記事を読んだ人は以下の記事も閲覧されましたるんるん
次項有 大人女子におススメのメイク落としシートを探しました。
次項有 チークブラシにもおすすめがあります。頬紅をキレイに塗るために。
次項有 小顔のポイントはチークの塗り方だったのです!

また、顔の形によってチークの塗り方を変えると
自分の顔の苦手なところをカバーできることでしょう。
卵型、面長、丸型、エラの張っている人、その他 自分の顔の形によって
チークの塗り方もかえることをお勧めします。
たかがチークの塗り方と考えがちですが、
チークはメイクの中で縁の下の力持ち のような役割をします。
チークの塗り方を制したものが メイクを制したようなもの、
なんていった友人もいたくらいです。
重要視されていないチークですが、チークの塗り方で、
貴女の美しさもアップすることでしょう。
posted by 大人女子の美容情報ブログ at | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二重と一重のアイメイク。アイシャドウの塗り方は同じじゃダメです。


アイメイクに欠かせないものはアイシャドウです。
でも、アイシャドウ塗り方が案外、知らなくて
苦手という女性が多いっていうこと、ご存知でしたか。なぜでしょうか。
いろいろと理由は考えられますが、そのうちの一つとして
二重の女性も一重の女性も、アイシャドウ塗り方が同じで
目の形に応じた 似合うアイシャドウの塗り方を知らない、わからない。
そして苦手になってしまう。そういうことの積み重ねが
アイシャドウのメイクを好きになれない理由かもしれません。

二重と一重のアイメイク。アイシャドウの塗り方

二重と一重と全く目や瞼の形が違うのに、
メイクの仕方も同じで、アイシャドウの塗り方も一緒だと
キレイに仕上がるわけがありませんね。
アイシャドウは二重は二重の、一重は一重の塗り方があるはずです。
雑誌やネットを見ても、メイクのモデルさんは
だいたいがパッチリ二重の美しい人が多いように思います。
これでは凡人にとって、はじめから「無理よね」と諦めモードになりかねません。


次項有 花王 オーブ クチュール AUBEcouture花王 オーブ クチュール AUBEcouture デザイニング ...

一重の人のアイシャドウの塗り方はどんな風にすればよいでしょうか。
一重の人は、だいたい、瞼が少し重たい感じに見えることが多いので、
そこを、プラスにアイシャドウの塗り方を工夫してみましょう。
どうしてもぱっちりと見せたいので、アイシャドウを多く塗りがちですが
目をひらいたときに 少し(数ミリ程度)アイシャドウが
見えるような塗り方をすれば ぱっちりとした瞳に見えるばずです。
アイシャドウの塗り方も大切ですが、何色を使うかも大切なことです。
一重の女性はピンク系や、ボルドー系の膨張色は避けた方がいいですね。
なぜならば、余計に瞼が腫れぼったく見えてしまうからです。
ブラウン系もどんなブラウンか気をつけて、
できれば、グレー系のような引き締まる色のアイシャドウを塗ったほうが
一重の女性には 似合うアイシャドウの塗り方となります。
posted by 大人女子の美容情報ブログ at | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分に似合うチークの色がわからなくなったら、してみること。


自分に似合うチークってなかなかわかりませんね。
チークもオレンジ系、ピンク系、ローズ系など、いろんながあります。
でも、一体 自分にはどの色のチークが似合うのか、いつも悩みます。
皆、何を基準に決めているのでしょうか。

チークの色を選ぶときに ついついしてしまうのが
今年の流行の色を選びたくなることです。
各化粧品会社も、もちろん販売している店頭も、
その色が一押しだから 目立つところに並んでいることは確かなことです。
でも、流行に流されて 自分に似合うかどうか
わからないチークの色を選ぶことはとても危険です。
まずは、流行だからといって
安易にチークの色を決めてしまわないように気をつけましょう。

一般的には 自分の肌の色で似合うチークの色を選ぶとよい、なんて言いますが
そもそも自分の肌の色が 青みがかっているか、などといわれても
それすら何だかハッキリわからないことが 本当のところだと思います。
では、なにを判断材料にすればよいでしょうか。

私がおススメするのは 付けるアクセサリーで判断することです。
アクセサリーと言っても、ネックレスかピアス、イヤリングなどの
顔に近いところにつけるアクセサリーがベストだと思います。
自分が無意識につけるアクセサリーの色、また、自分に似合うアクセサリーの色。
それがピンク系かオレンジ系のどちらを選んでいますか。
その色が自分の肌の色に馴染んでいる場合が多いように思います。
それがわかれば、その色をチークとして選んでみてはいかがですか。
きっと、自分に似合うチークの色になっていると思いますよ。
posted by 大人女子の美容情報ブログ at | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オレンジのチークが似合わない、と思ったら。


オレンジチーク似合わない、と悩みを打ち明けてくる女性が
想像以上に多くいることに驚きました。
オレンジのチークは 大人女子を快活に、カジュアルに、
そして大人可愛く仕上げてくれるカラーだと思います。
でも、これがなかなか扱いが難しいようですね。
オレンジ系のチークが似合うか似合わないか、
なにを基準に判断したらよいのでしょうか。


次項有 コフレドール COFFRET D'ORカネボウ コフレドール COFFRET D'OR スマイルアップチークス【チ...

メイクをするうえで、チークは重要なポイントです。
どうしても、アイシャドウや口紅の方へ注意がいきがちですが
メイクがうまくできたかどうか、や 女性の表情や印象を左右するものは
アイシャドウや口紅ではなく、チークであるといわれています。
それだけに自分に似合うチークをしっかりと見極める必要がありそうです。
チークには大きくわけてオレンジ系とピンク系、にわかれます。
チークをどちらのカラー系に決めるかは、
まず自分の肌の色の見極めが大切な条件となるようです。

合わせて検索されているページはこちらわーい(嬉しい顔)ひらめき
次項有 40代、大人女子に人気のおすすめファンデーション選びを始めましょう。
次項有 小顔のポイントはチークの塗り方だったのです!
次項有 敏感肌の女性におすすめの日焼け止めはオーガニックコスメから。

日本人の肌は基本的にはみな同じ色ですが、それでも、
少し黄味がかっている肌の女性、ピンクがかっている肌の女性、
そして青みがかっている肌の女性がいます。
また、元々の自分自身がもっている肌の色だけでなく、
黒く日焼けをしている女性の肌もあります。
そして、オレンジのチークが似合わないと思っていても
同じオレンジでもパールが入ってキラキラするもの、コーラル系のオレンジ、
ベージュに近いオレンジ、発色のよいオレンジなど いろんなオレンジがあるので 
オレンジのチークが似合わないと諦めてしまわないで
自分に似合うオレンジ色を探してみるとよいですね。
それには自分の肌の色を自分で知ることが大切です。
posted by 大人女子の美容情報ブログ at | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色っぽい目元にしたい!アイシャドウのあれこれ。


色っぽい目元にするには、アイシャドウの工夫次第だといわれています。
確かに年齢とともに、メイクの仕方も工夫して変えていきたいですね。
初めてメイクした時といつまでも同じメイクのやり方では
どう考えたって不自然です。
ファッションだって年齢とともに変化していくのですから
メイクも大人女子に似合うメイクに、そして大人の色っぽい目元になるために
アイシャドウのメイク法を工夫してみましょう。



アイシャドウを若い世代と同じようにメイクしていれば
やはり肌の色、そしてその女性が醸し出す雰囲気などで
メイクと年齢に違和感を覚えるでしょう。
では、大人のメイクとは、そして大人の目元とは どんなテクニックを使いますか。
まずはアイシャドウの色について見直してみましょう。
大人女子はついつい目元をブラウンのグラデーションでシックに決めがちです。
もちろん、それはそれで正しいチョイスだと思いますが、
もうひと工夫 ほしいところです。
それは、瞼ではなく目の下に注目です。
アイシャドウといえば瞼のほうばかりに気が行きますが
目の下のメイクのひと手間で 瞼のアイシャドウも際立ち、
アイメイクとして 色っぽいアイシャドウが塗れるというわけですね。

あわせて読みたいページはこちらから わーい(嬉しい顔)
次項有 ランコムの美容液、ジェニフィックアドバンストは優れモノです。
次項有 大人女子におススメのメイク落としシートを探しました。
次項有 小顔のポイントはチークの塗り方だったのです!

例えば、目の下にボルドーのアイシャドウを入れてみましょう。
ボルドーカラーは昔から、大人の色といわれています。
目の下にボルドーが入るだけで、グッと雰囲気が変わるから不思議です。
できれば瞼のアイシャドウも少し、ボルドーがかった
ブラウンやグレーを持ってくると さらに色っぽい目元になること間違いなしです。
深みも出てセクシーに見える目元は 逆に若い世代が使うアイシャドウとしては
あまりおススメできない、つまり、大人の女性だからこそ
使える色っぽいアイシャドウといえそうです。
posted by 大人女子の美容情報ブログ at | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チークブラシにもおすすめがあります。頬紅をキレイに塗るために。


チークブラシを気にしたことはありますか。
チークブラシにもおすすめ用品があるのです。
チークについては、悩みを持つ女性が多いようですが、
チークブラシとなると無頓着な大人女子が多いみたいですね。
頬紅を買った時についている付属のチークブラシ。
あのブラシでメイクをしている女性がほとんどなのでしょうか。
確かに、付属品としてチークブラシがついているのですから
それできちんとメイクはできます。

でも、落ち着いて考えてみましょう。
メイクアップアーティストをはじめ、メイクに携わる仕事をしている人は
チークを買った時についている 小さなチークブラシではなく
チークブラシと呼ばれる立派なブラシを使っている人がほとんどです。
それを使うには、それなりの理由があるはずですね。



そもそも、チークブラシは柄の長いものが多く、
力の入れ具合がコントロールしやすいことが想像できます。
その上、ブラシの素材が違うので、
いい感じの量のチークを頬に塗ることができます。
ブラシもチクチクせず、付属のブラシのようにがっつりチークがつかず、
ブラシの毛量もあるので ふんわり塗ることができ、量の調整ができます。
おすすめしたいチークブラシは沢山あり、どんな毛を使っているか、
によってお値段も変わっていきます。

もちろん自分の使いやすさ、顔にフィットするかどうか、
毛の質の好み等で選ぶと良いでしょう。
ちなみに、無印良印やキャンメイクのチークブラシはコスパブランドでありながら、
なかなかの質の良さなので チークブラシとしておススメとなります。
熊野筆で白鳳堂といえば、サッカーのなでしこから有名ですが
ちふれが白鳳堂と提携を結んだらしく、
ちふれでは、もう少しお手軽に手に入れることができるので
おすすめチークブラシとなりますね。
posted by 大人女子の美容情報ブログ at | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔のポイントはチークの塗り方だったのです!


メイクの仕方一つで、大人女子は随分と雰囲気やイメージが変わります。
今、世代に関係なく小顔でありたいと思うのは女性としての願いですね。
その小顔効果が、チーク塗り方にポイントがあることをご存知ですか。
今はどんなものを手にしても小顔ブームです。
自撮りもいかに小顔に写るかが大切だし、髪型だってメイクだって、
世の中の女子はできれば小顔に見えるように頑張ります。

小顔はチークの塗り方

では、メイクにおいては、どんなテクニックで小顔に見えるでしょうか。
ファンデーション、アイシャドウ、いろんな条件がありますが、
チークの塗り方について調べてみたいと思います。
実はチークの塗り方で小顔効果があらわれるのみたいなのです!
そこでわかったこととして、まず一番大切なのは
自分の顔の形をきちんと知ることです。
丸顔ですか?面長ですか?それとも卵型ですか?
年齢とともにまた、体重とともに顔の形も変化します。
自分の顔の形はこれだ、と思っている女性も
これを機会に一度鏡でじっくりと見つめ直してみましょう。



卵型の人は王道のチークの入れ方でよいといわれています。
気をつけたいのはそれ以外の顔の形の女性。
面長さんは縦のラインを打ち消すように、
丸顔さんはシャープな印象を残すように、チークの塗り方をしましょう。
他にも四角顔さん、逆三角形顔さん、いろんな顔の形にあわせて
チークの塗り方をかえて 小顔効果を演出しましょう。
チークは地味なメイクアップですが 必ず必要なもの、
そして隠れた力を発揮してくれるアイテムです。
小顔に見えるかどうかのメイクのポイントが
チークの塗り方だったなんて大発見ですね。
posted by 大人女子の美容情報ブログ at | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

40代の大人女子はチークの入れ方で表情が変わります。


チーク40代の大人女子のメイクで
ポイントが高いのに、意外とおろそかに扱われています。
自分なりのチーク入れ方ってありますか。
ただ何となく、頬紅を使っていませんか。

アイメイク、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、
いろんなブランドの紹介やメイクの仕方が
雑誌などで特集されているにも関わらず、
チークに関しては大きく取り上げられることが少なく感じます。
でも、チークの入れ方一つで表情はガラリとかわります。
40代の大人女子は特にチーク一つで顔の表情が変わります。
若々しく見えるか老け顔に見えてしまうか、
チーク次第といっても過言ではありません。

若い世代はチークの入れ方として、丸く頬にのせることがありますが
40代の大人女子が入れ方を丸くしてしまうと、ちょっとイタイものになります。
どこかに大人の色気や落ち着きを残しておきたいものです。
つまり、頬紅は顔色をよく見せる為だけのものではない、
ということに気づいてきます。
40代の女性は少し表情筋も下がってくるので、
チークの入れ方をあまりシャープにしてしまうと、クールというよりも
生活に疲れている感が出てしまうおそれもあります。



チークを筆にのせたら付ける前には手の甲などにひと筆付けて
頬にカラーがつき過ぎないように注意しましょう。
こけた頬、たるんだ頬のカバーの為にも ちょっと内側、ちょっと丸く。
これが大人女性のチークの入れ方のポイントとなりそうです。
チークブラシで縦に入れたら、
その後は丸ではなくハートを描くように優しくぼかす、
これが40代、アラフォー女子のチークの入れ方のコツですね。
posted by 大人女子の美容情報ブログ at | メイクアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


パリス・ヒルトン